不動産担保ローンを英語で分かりやすく説明するなら

不動産担保ローンは、住宅や土地を担保にして貸付を受けるタイプのローンで、英語ではmortgage loanと表現されています。また不動産担保ローン審査は、正確には商業用不動産担保証券のことなので、英語でcommercial mortgage-backed securitiesと書くこともあります。この場合、頭文字を取ってCMBSと表すことが多いです。また担保に土地を含めず、住宅のみを担保にした不動産担保ローンは、英語では略してRMBSと書かれます。これは住宅モーゲージ担保証券のことで、英語ではresidential mortgage-backed securitiesを意味しています。

いずれの場合も不動産担保ローンは、不動産という価値の高いものを担保にするため、低金利なのがメリットです。返済期間も20年以上に設定されていることが多く、余裕を持って返済できます。また土地と家を同時に担保にする場合、融資額を決めるのは土地の方になります。なぜなら家屋は時間が経つと古くなりますが、土地の利用価値はあまり変化しないためです。

さらに融資額の上限は高く、多いところで10億円まで貸付が可能です。ただし金融機関によっては、初期に諸費用がかかるところもあるので、前もってよく調べておく必要があります。さらに年率15%が利子の上限なので、それ以上の利率で支払いを行っていた場合は、過払い金が発生しています。従って不動産担保ローンの契約をする場合は、利子の年率などもよく聞いておくことが望ましいです。

Article by Sandoval

It seems like this author has no description. Add your discription/bio at user profile or disable this widget in theme customizer if you dont want to use it.