債務整理の方法

これまで多くの借金に悩んで途方に暮れてしたときに、債務整理の話を知った。
ぜひ利用したいが、どのように手続きを行えばいいのだろう。
このように感じる方も多いのではないでしょうか。
そこでどのように債務整理を進めていけばいいのか、その方法を考えてみましょう。

○借金総額の確認

まずは自分の借金がどれくらいあるのか、正確に確認するようにしましょう。
借金総額、借入年数などにより、どの方法が最適なのか異なってきます。
相談を行うときにも分かりやすいように、一覧表などに整理しておくとよいでしょう。

○必要書類の確認

何を行うにも、必ず必要書類が発生します。
手続きをスムーズに進めるためにも、以下の書類を事前に準備しておきましょう。

・身分証明書(運転免許証・戸籍謄本・住民票)
・債権者一覧表(借入先の住所、連絡先、現在の債務額、取引開始年月)
・借入の契約書や明細・請求書
・すべてのクレジットカード
・シャチハタ以外の印鑑
・収入の状況が分かるもの(給与明細等)
・預貯金通帳
・不動産の最新の登記簿謄本
・生命保険の解約返戻金の調査
・源泉徴収票
・退職金支給額証明書
・生活保護や年金の受給証明書

○弁護士事務所に依頼する

個人レベルで債務整理を進めるには限界がありますので、手続きを実績のある弁護士事務所に依頼するようにしましょう。
まずは、無料相談などを利用して、自分に合った弁護士先を選ぶようにしましょう。
良心的な弁護士事務所であれば、親身になって相談に応じてくれます。
実際に話を聞いてみて安心できると判断すれば、正式に弁護士に債務整理を依頼します。

以後の手続きは弁護士の指示に従いましょう。
債務整理にも、いくつかの手段があります。
こまめに連絡をとり、自分の状況に適した手段を共に探し出していきましょう。

Article by Sandoval

It seems like this author has no description. Add your discription/bio at user profile or disable this widget in theme customizer if you dont want to use it.