知っておいた方が良い銀行カードローンと総量規制について

総量規制とは、個人が貸金業者からお金を借りるときに適用される規制で、年収の三分の一以上は借りることができないという内容になっています。この規制が適用されるのは、貸金業者です。貸金業者に当てはまるのは、一般的に消費者金融業者と呼ばれているところです。銀行の場合には、銀行法によって規制されている機関であるため、このルールの適用はありません。したがって
総量規制の適用がない銀行カードローンの方が、より極度額が高く設定される可能性があります。

ただし、知識として知っておくべきなのが、総量規制の影響を受けないからと言って、銀行カードローンでそれ以上の額を借りることができるとは限らないという点です。銀行カードローンを借りるときには審査を受けなくてはなりませんが、審査の際にはその人の返済能力の有無が見られます。そして、それが十分ではないとされると融資は受けられませんし、受けられたとしても一定の範囲内に制限されます。したがって、実際にどのくらいのお金を借りられるのかは、新s名を受けてみなければわかりません。

ただ、それ以外にも銀行カードローンを利用するメリットはあります。それは、金利が消費者金融業者に比べて低いという点です。消費者金融業者は利息制限法の上限いっぱいに金利を設定する傾向にありますが、銀行系はそれよりも低くなっていることが多いです。そのため、仮に限度額が総量規制の範囲を超えられなかったとしても、金利が低いというメリットを享受できます。

Article by Sandoval

It seems like this author has no description. Add your discription/bio at user profile or disable this widget in theme customizer if you dont want to use it.